【徹底調査】DOD おうちテントのデメリット考えてみた。

DOD

こんにちは。DOD大好きファミリーキャンパーのウーパパです。

インスタやとYOUTUBEでもキャンプについて発信していますので

フォローやチャンネル登録をお願いします。

インスタでもDODさんからメッセージで

いつも丁寧な紹介記事を書いていただきありがとうございますとメッセージをいただきました。

パパあそび → インスタ フォロワー様、6,300人(10月16日)

パパあそび → YOUTUBE チャンネル登録者様、7月末から初めて740人 (10月16日)

ブログ以外も頑張っております。

出典 DOD

それでは

10月15日に発表された【おうちテント】についてご紹介します。

私の周りでも注目度が高く

手に入れたい人が多い印象です。

そんなあなたに

簡単にオススメポイント5個

残念ポイント3個

にまとめました。

オススメポイント

・ワンタッチである。

・特殊な生地で軽い

・床部分が取り外し可能

・かわいいこだわり

・耐水圧が高いので雨でも安心

残念ポイント

・グランドシートがついていない

・ 風に弱いかもしれない

・壁が1枚なので結露が心配。

それでは詳しく見ていきましょう。

おうちテントとは

出典 DOD
出典 DOD

濱口勝さん、南明菜さん夫妻が表紙にもなっているブランドブック

DODさんの情報が入った本(付録にバック付)

の中で登場した製品で

DOD好きの皆さんがざわついたというテントです。

オウチテントとすべてカタカナではなく

おうち→ひらがな

テント→カタカナで

おうちテントです

それでは詳細を見ていきます。

【オススメ】ワンタッチである

出典 DOD

DOD製品の代名詞であるワンタッチ機構です。

ワンタッチであると

子供たちが遊んでいるうちにパッと早くテントを立てることができます。

ペグを打つ時間を除けば

テントは3分で立てることができると予想します。

私は他のワンタッチのテントを2個持っているのでこれは間違いないです。

つまり初心者の方でも10分以内にテントを立てることができます。

個人的な意見ですがテント設営の速さはキャンプを楽しむためには絶対必要です。

【オススメ】特殊な生地で軽い

このようなロッジタイプは鉄骨のタイプや重いイメージがあるかと思います。

OGAWAさんのテントはヴィンテージ風で人気がありますが

その分重くなっているので初心者さん向けではありません。

見てもらったらわかりますがめっちゃ高価です。

出典 DOD

DODおうちテントは特殊な生地を使っており

ポリエステルの生地(軽い)なのに高級な質感コットンのような肌ざわりです。

私もイベントで触らせていただいたときにはポリコットンかなと思ったくらいしっかりした生地でした。

ポリコットンにするとどうしても重くなってしまってワンタッチ機構では支えられないということでこの特殊な生地を採用したらしいです。

ちなみにおうちテントの重さは13.4kg

重たいと思われると思いますが

カマボコテント3Mの重さが19.5㎏なので

今回のおうちテントの軽さが伝わりますかね。

【オススメ】床部分が取り外し可能

出典 DOD

床部分がファスナーで取り付けができるのでほぼ隙間がありません。

私の妻は虫が嫌いで床がないタイプのテントは苦手なのですが

おうちテントでしたらファスナーで4編すべて閉じることができます。

問題があるとしたらポールの部分は隙間がすこし生まれます。

ファスナーとファスナーの間です。

出典 IGTV DOD

【オススメ】かわいいこだわり

出典 DOD

DODさんはあそび心があります。

今回のあそび心はカーテンです。

写真のようにおうちのカーテンっぽく巻き上げることもできます。

カーテンを閉じると

外から見るとDODロゴがひょっこり顔を出します。

ひさしがついている

出典 DOD

【オススメ】耐水圧が高いので雨でも安心

出典 DOD

耐水圧とは雨にどれくらい強いかの数値で

このおうちテントの耐水圧が外が2000mm

一般的には1500~2000mmあれば問題ないとされています。

耐水圧の数値が高いと

・防水性が高く

・冬は冷気の侵入を防ぐ

というメリットがあります。

でも耐水圧が高すぎると

・通気性が悪くなります。

・結露(テントの内側に水滴)が起こりやすくなります。

ですので、このおうちテントは

嵐のような雨が数日続く過酷なキャンプ場だと厳しいと思いますが

一般的な使用には問題ない数値になってます。

それではここから残念ポイントを紹介いたします。

【残念】グランドシートがついていない

出典 DOD

このおうちテントにはフロアと呼ばれる床はついているのですが

通常テントを長持ちさせようとすると

フロアと地面の間にシートを引きます。

このシートのことをグランドシートといいます。

この「おうちテントにはグランドシートは付属していません。

グランドシートのメリットは

・地面の石などからフロアを守る。

・テントの底から浸水を防ぐ

・底冷えしにくい

というメリットがありますので

グランドシートはあったほうがいいです。

専用のグランドシートがないと思うので

私はグランドシートがない場合

分厚いブルーシートを切って使っています

自作です。ハサミでチョキチョキしてもほつれません。

フロアより小さめに切るのがおすすめです。

オススメのブルーシートでなくブラックシート

コスパがいいです。

カマボコテントの下には切らずに使っています。

【残念】風に弱いかもしれない

ワンタッチと言えば作りがあまく、風に弱いイメージがあるかとは思います。

ここ最近はDODさんのテントは作りは頑張っているので私は折れたことがないです。

動画はDODのワンタッチのキノコテントです。

今回DODさんのWEBページではおうちテントは耐風テストの動画が上がっていなかったので、もしかしたら風に弱いかもと思ってしまいました。

テントの高さが2mと高く風の影響はもろにうけると思います。

といっても台風のような風がふくときはキャンプはやめましょう。

【残念】壁が1枚なので結露が心配。

出典 DOD

壁が1枚のことをシングルウォール

壁が2枚のことをダブルウォールとよびます

壁が2枚と1枚で何が違うかというと

例えば

水筒で壁が1枚のペットボトル

壁が2重の水筒では

外についている水滴の量が違うと思います。

壁が2重の水筒にはほぼ水滴がついていないと思います。

つまりテントもシングルウォールのほうが結露(水滴)が多い印象です。

結露を防ぐには大きな空間、外との空気の循環でましにはなります。

このおうちテントはメッシュの空間は多いですが結露は0にするのはむずかしいと考えます。

拭くときも2mの高さがあると乾くまで撤収はやめといたほうがいいですね。

カビが発生する可能性があります。

こんな人にオススメ

出典 DOD

結論を行ってしまえは全員にオススメするテントではないですね。

でもこんな人におすすめです。

・ロッジテントにあこがれている方。

・DODが好きなかた

・おしゃれなキャンプをしたい方

・おうちの中のようにレイアウトしたい方

におすすめです。

販売はDODストアで抽選販売です。

値段が49,500円です。

ファミリーにオススメ?

このおうちテントは幅が230cmなので

ファミリー4人だと幅が狭く感じてしまいます。

セミダブルベッドが120cmなので

家族4人いつもセミダブル2つで寝てますっていう人にはおすすめですが

家族3人までかなーと思います。

着替えやカバンなどの荷物を入れるとなると狭いかな。

出典 DOD

個人的には4人以上のファミリーの方や初心者の方

わがやのテントというテントがおすすめです。

わがやのテントは幅が280cmとおうちテントよりも50cm大きい!

中がポリコットンのダブルウォールなので結露には強いです。

ここからブログも見れます。

再販は10月18日(月)Amazonです。

こんにちは
パパあそびブログを運営している
ウーパパです。

私は35歳のパパです。
子供は5歳の娘
3歳の息子がいます。

家は大阪で
製造業で働く普通のサラリーマンです。

2019年にキャンプを初めてキャンプにのめり込んでいきました。
キャンプブームにのった一人です。笑

同年代ファミリーキャンパーの何か参考になればと思いブログを書きました。

参考になればと言ってますが、ファミリーキャンプ初心者ですので参考になるかどうか。

初心者目線でキャンプ情報を紹介できたらと思っております。

興味があることは狭く深〜く調べていきます。

YouTubeも始めましたので
チャンネル登録お願いします。

https://www.youtube.com/c/papaasobi

よろしくお願いします。

パパ遊びをフォローする
DODキャンプ用品
パパ遊びをフォローする
パパあそび

コメント

タイトルとURLをコピーしました