【レビュー】ポータブル冷凍庫、冷蔵庫が快適すぎて、夏キャンプはクーラーボックスを使えなくなった理由【SUNGA Japan】

キャンプ用品

こんにちはファミリーキャンパーのウーパパです。

今回はSUNGA Japanさんのポータブルの冷蔵庫、冷凍庫を購入したので

ご紹介いたします。

ウーパパ
ウーパパ

キャンプ道具を購入前には

徹底的に商品について調べつくすので

皆さんの参考になればと

ママ
ママ

家庭でも細かい性格だもんね

ウーパパ
ウーパパ

ちょっと何言ってるか

わからない

正直なレビューのためデメリットも書きます。

皆さんにわかりやすいように

・オススメポイント6つ

・残念ポイント3つ

紹介いたします。

オススメポイント

・夏キャンプで冷たい飲み物が飲める

・食中毒対策になる

・庫内冷却時間が早い

・車中泊や連泊のキャンプでも使える。

・ブルートゥースの使用ができる

残念ポイント

・水に弱い

・フタが固い

・大きい割りに入らない

それでは詳しく見ていきます。

クーラーボックスでなく、ポータブル冷蔵庫

飲み物や食材を冷やすにはクーラーボックスと思っている方がおられると思いますが

ポータブル冷蔵庫っていう考えもあります。

・夏キャンプ

・炎天下のBBQ

・夏の車中泊

保冷剤がなくていいので本当に便利です。

詳しく見ていきましょう。

SUNGA Japanって?

インスタで人気のポータブル電源メーカー

インスタでは2分で焼けるピザメーカーでも有名です

最近ではクラウドファンディングのマクアケで

勢いに乗っているメーカーさんです。

大阪の会社です

国内の企業さんがあると安心しますよね。

ポータブル冷蔵庫って?

クーラーボックスと違ってコンセントがない場所でも保冷する電気で冷やす冷蔵庫。冷凍庫のことです。

それでは詳しく見ていきます。

【オススメ】夏キャンプで冷たい飲み物が飲める

夏のキャンプの楽しみはキンキンに冷えた飲み物ですよね。

クーラーボックスに入れておくのもいいと思いますが

このSUNGA Japan保冷庫はなんと

-20℃まで設定できます。

(アマゾンで販売しているポータブル冷蔵庫は-5℃までなどがありました。)

つまり自分好みの本当にキンキンに冷えた飲み物が飲めるんです。

注意点としていっぱい冷えたほうがいいだろうと-20℃にしていると凍ってしまいました。

【オススメ】夏の食中毒対策になる

夏のキャンプって肉とか怖いですよね?

いいクーラーボックスを買うのもありなんですが

外に冷蔵庫があるなら入れましょうということです。

電源がなくても持続するのでめちゃめちゃ便利です。

【オススメ】庫内冷却時間が早い

このSUNGAポータブル冷凍・冷蔵庫だけかわかりませんが

冷える時間が早かったです。

家の電源をつないだ状態で計測すると

開始時刻 冷蔵庫内26℃

45分で マイナス10℃にまでなりました。

【オススメ】車中泊や連泊のキャンプでも使える。

クーラーボックスだと連泊って難しいですよね。

スーパーで氷を買ったりしないと食材が腐る可能性もあるので

このSUNGAポータブル冷凍・冷蔵庫は車のシガーソケットにつなぐことも出来るので

連泊の場合や車中泊の場合便利です。

電源につないでいないときは

連続使用時間はEcoモード 冷蔵20-22h / 冷凍5-7hです。

外気温によってはもっと早い可能性もあります。

【オススメ】ブルートゥースが使える

アプリをダウンロードすれば

Bluetooth接続して、スマホで冷蔵庫の状態を確認することができ、

設定温度の調節も簡単に変更できます。

ここからは残念ポイントを見ていきます。

【残念】水に弱い

ポータブル冷蔵庫全体でいえることなんですが

冷やしている部分は熱を放出しているので窓が開いています。

その窓から水が入ってしまうと

壊れてしまいます。

家の冷蔵庫が水没したら壊れるのと同じです。

外で使用するときは雨にぬれないようにタープの下など置いていただくことをオススメします。

雨にぬれる場所で使用したいのであればクーラーボックスを使うほうがいいです。

【残念】あけるのが固い

このフタをあけるときは片手では開けれません。

ストッパーがあるわけではないので

片手でおさえないと開けることができますん。

簡単に開けられない=密封できている

冷たい空気が逃げないので良しとしましょう。

【残念】大きい割りに入らない

サイズが

31.5cm×56cm×25.5cm

このサイズを通常のクーラーボックスだと

20~25リットルくらい入るくらいの量になるんではないかと思いますが

このポータブル冷蔵庫は15リットルと大きさのわりに入る量が少ないです。

350mlだと17本入ります。

2リットルのペットボトルは横向けに入ります。

このポータブル冷蔵庫は中をコンプレッサーといって

大きい冷蔵庫を同じ仕組みで冷えます。

クーラーボックスの場合は大量の氷や保冷材が必要になってきます

このポータブル冷蔵庫は保冷剤が必要ないんです

その代わり冷やすための機械があります。

中の食材を取り出すときに保冷材や氷が邪魔だなということはないです。

結論、クーラーボックス以外の選択肢はありだと思います。

・夏キャンプで冷たい飲み物が飲みたい

・車中泊や連泊のキャンプでクーラーボックス使いたい

といったかたはポータブルの冷蔵庫を使ってみるのはありです。

ポータブル電源があれば24時間冷凍できるので

キャンプに行くときはポータブル電源もあったらもっといいですね

パパ遊び

こんにちは
パパあそびブログを運営している
ウーパパです。

私は34歳のパパです。
子供は5歳の娘
3歳の息子がいます。

家は大阪で
製造業で働く普通のサラリーマンです。

2019年にキャンプを初めてキャンプにのめり込んでいきました。
キャンプブームにのった一人です。笑

同年代ファミリーキャンパーの何か参考になればと思いブログを書きました。

参考になればと言ってますが、ファミリーキャンプ初心者ですので参考になるかどうか。

初心者目線でキャンプ情報を紹介できたらと思っております。

興味があることは狭く深〜く調べていきます。

YouTubeも始めましたので
チャンネル登録お願いします。

https://www.youtube.com/c/papaasobi

よろしくお願いします。

パパ遊びをフォローする
キャンプ用品
パパ遊びをフォローする
パパあそび

コメント

タイトルとURLをコピーしました